MJLS日本語学科の特徴!

1 目標とする人材像

日本語学科に入学する学生は、初めて日本に来る学生ばかりですから、本校日本語学科では、「日本語ができるようになる」という狭い考えではなく、今後数年間日本での生活をする学生達が、日本での生活がスムーズに行えるように、「実生活を通じて、自立した人材になるよう」に指導します。
 本学科で養われた能力は、大学、専門学校に進学後にも役立つとともに、将来日系企業等に就職した際にも必ず役立つものになります。


  1. 生活力:自ら衣・食・住の管理ができるように指導します
  2. 適応力:母国と異なる日本の文化を理解し、溶け込めるように指導します
  3. 思考力:学習計画を自ら作成し検証することで、問題解決能力を育成します
  4. 想像力:最新の技術動向、世界情勢を基に、自身の将来を設計できるよう指導します

2 カリキュラム

本校のカリキュラムは必修科目だけでも日本留学試験や日本語能力試験に対応できる力がつくようになっていますが、選択科目、直前対策や自立学習を付加することで更に安定した力がつきます。


必修科目各レベル(必修科目)の到達目標

選択授業
各クラスのコア科目の他に、個人の興味・関心や目標進路に合わせて選択授業も履修できます。日本語能力の弱点補強や能力強化としても最適ですし、日本事情も学べます。また、選択科目のクラスはレベルの違う学生同士が学び合う環境ですので、やる気次第で自分の能力をぐんぐん伸ばすことが可能です。

選択科目例)総合科目、時事、漢字Ⅰ・Ⅱ、チャレンジ理科(EJU)、
      チャレンジ数学(EJU)、会話Ⅰ・Ⅱ、音の日本語、講読
      ・日本事情、日本文化アクティビティビジネス日本語、
      盛岡のことば、小論文、多読、
      ※コースによって開講科目は変わります。

日本語能力試験対策、日本留学試験対策授業
各クラスのコア科目だけでもJLPTとEJUに十分対応できるカリキュラムになっています。また、各試験直前には特別直前対策授業も行います。

自律学習
「聴解が苦手」「漢字がなかなか覚えられない」「読解が好きだからさらに安定した力をつけたい」「日本語能力試験N2に絶対合格したい」など、課題・目標は誰でも持っています。自律学習では、このような苦手分野の克服、能力強化などの達成に向かって自分の学習計画を立て、適宜教師の助言を受け、必要があれば計画や実行方法に修正を加えながら学習を進めていくPDCAに基づいて、自律的に各自学習を進めていきます。それにより、日本語の実力がつく上、確かな学習方法を身につけることができます。同時に、このPDCAサイクルを自分のものにすると、語学学習だけにととまらず、仕事・生活などの様々な場面に応用できます。

3 適切な進路指導

以下のように、学生の希望に従って親切かつ適切な進路指導を行います。


4 担任制により、勉強もアルバイトもしっかりサポートします。

・ 受験を乗り切るには、正しい生活のリズムを確立することが必要です。本校では担任制により授業指導はもちろん、適切な生活指導を行うことにより、学習とアルバイトの両立が可能となり、無理なく成績が向上します。
・ 本校では、長年蓄積した進学DATAを基に、留学試験結果と本人の希望分野を総合し、適切な受験指導を行いますので、無理なく確実な進学が可能になります。

5 学生寮完備、アルバイトの紹介も可能です。

・ 本校日本語学科入学生は、全員学校の寮に入寮可能です。また、希望者にはアルバイトの紹介も行います(先着順)ので、初めて日本に来日する学生も、安心して盛岡での生活を始めることができます。

Page TOP