募集要項・パンフレットダウンロード

入学資格

  1. ①外国において学校教育における12年の課程を修了以上である者
  2. ②日本語能力試験 N5程度の日本語能力を持つ者または同等の能力の者(進学Aコース)
  3. ③日本語能力試験 N4程度の日本語能力を持つ者または同等の能力の者(進学Bコース)
  4. ④日本において修学するための学費及び生活費を準備できる者
  5. ⑤日本語能力試験 N2程度の日本語能力を持つ者または同等の能力の者(応用日本語)
  6. ⑥日本国内の日本語学科に、1年以上在籍していた者(応用日本語)

定員と募集期間

学科コース 定 員 修業期間 授業時間(時間) 授業週数(週) 入学時期 願書締切
日本語
学科
2年コース 30名 2年 1,600 80 4月 前年10月末
1年6ヶ月コース 30名 1年6ヶ月 1,200 60 10月 4月末
応用日本語学科 20名 1年 900 40 4月 3月末
短期コース 10名 3ヶ月 200 10 4月/10月 入学の1ヶ月前

出願書類

注意事項
  • 「写し」と指定していないものはすべて原本を提出のこと
  • 出願書類はすべて発行日から3ヶ月以内のものとする
  • なるべくきれいにはっきりとした字で丁寧に書くこと
  • 出願書類に修正液を使用したり、削って訂正したりしないこと
  • 必要事項はもれなく正確に記入すること
  • 不備がある場合は受理しないので十分注意すること
  • 入学志願者が記入する書類は必ず本人が記入すること
  • 経費支弁者が記入する書類は必ず経費支弁者が記入すること
  • 必要に応じてその他の書類の提出を求めることがある
  • 受理した書類(卒業証書、成績証明書を除く)、一度納入された入学選考料は返還しない
  • 提出書類に虚偽があった場合は、入学手続き後でも入学許可を取り消すことがある

志願者本人が用意する書類

  1. ①入学願書(指定用紙 様式A)
  2. ②志願理由書(指定用紙 様式B)
  3. ③日本語能力説明書(指定用紙 様式C)
    日本語能力試験を受けていれば合否通知書、成績通知書の写しを添付すること
    教育機関で日本語を学習していれば、その学習時間と成績を証明できるものを添付すること
  4. ④誓約書(指定用紙 様式D)
  5. ⑤戸籍謄本(韓国、台湾人のみ)
    家族全員の戸口簿のコピー(中国人のみ)
  6. ⑥写真
    4cm×3cmのものを10枚
    3ヶ月以内に撮影した、正面、上半身で無帽、無背景で鮮明なもの
    裏に国籍と氏名を記入しておくこと
  7. ⑦最終学歴の卒業証書
    在学中の人は「卒業見込証明書」と「在学証明書」を提出すること
    中国人の方は、卒業証書の公正証書も添付すること
  8. ⑧最終学歴の成績証明書
    中国人の方は成績証明書の公正証書も添付すること
  9. ⑨在職証明書(在職者)
  10. ⑩パスポートの写し<身分事項の部分>(出願時にまだ発給を受けていない場合は不要)

経費支弁者が用意する書類

A. 志願者の親族が本国等海外から、学費・生活費を送金する場合

経費支弁者は定職を有し、十分な経済支弁能力があること

  1. ①身元保証書(指定書類 様式E)
  2. ②経費支弁書(指定用紙 様式Fに母国語で自筆のこと)
  3. ③経費支弁者と志願者本人の関係を立証する書類
    中国 ⇒ 親族関係公証書
    韓国・台湾 ⇒ 戸籍謄本
    その他の国 ⇒ 出生証明書など
  4. ④銀行預金残高証明書
    日本への送金が可能な通貨であること
    《注》現地の銀行が発行した、日本円あるいは米ドルの「残高証明書」が望ましい
  5. ⑤在職証明書
    ・勤務先が発行したもの(会社名、所在地、在職期間、職務内容など明記されていること)
    ・会社を経営している場合は会社の「登記簿謄本」など、経営者あるいは所有者であること
    が明らかになる書類
  6. ⑥所得証明書
    ・勤務先が発行した前年度の年間収入証明など、支弁能力を証明すること
    ・会社を経営している場合は、経営者の年収が明らかにされている納税証明書などが必要
    ・預金以外の資産を有する場合は、それを証明する書類も添付すること
B. 在日身元保証人または在日の経費支弁者が学費・生活費を支弁する場合
  1. ①身元保証書(指定用紙 様式E)
  2. ②経費支弁書(指定用紙 様式Fに母国語で自筆のこと)
  3. ③印鑑登録証明書
  4. ④経費支弁者の納税証明書(年収額を確認できるもの)…次にいずれか
    ・税務署発行の「納税証明書<その1><その2>」
    ・市/区役所発行の「課税証明書」
  5. ⑤経費支弁者の職業証明書
    ・勤務先が発行した「在職証明書」
    ・自営業の場合は「確定申告書」(控)
    ・会社役員の場合は会社の「登記簿謄本」
  6. ⑥身元保証人誓約書(指定用紙)
  7. ⑦経費支弁者の住民票
    家族全員が記載されているもの。
    経費支弁者が外国人の場合、外国人登録証が必要
C. 志願者本人が学費、生活費を支弁する場合
  1. ①本人名義の銀行等における預金残高証明書
    日本への送金が可能な通貨であること
    現地の銀行が発行した日本円あるいは米ドルの「残高証明書」が望ましい。
  2. ②在職中の場合、在職証明書
    勤務先が発行したもの(会社名、所在地、在職期間、職務内容など明記されていること)
  3. ③奨学金の給付に関する証明書(奨学金を受給していない場合は不要)

出願方法

本校に持参、あるいは郵送

出願先および問合せ先

盛岡情報ビジネス専門学校

〒020-0025 日本国 岩手県盛岡市大沢川原3-4-1
TEL:+81-19-651-5530/FAX:+81-19-651-5553

選考方法

入学選考料 ¥20,000(出願書類と一緒に円建てで納入)

入学までの流れ

※進学Bコースは、進学Aコースとすべて6ヶ月ずれます。

学費等

項目 進学Aコース(2年課程) 進学Aコース(1年6ヶ月課程) 応用日本語
(1年課程)
短期コース
(3ヶ月)
1年目 2年目 1年目 2年目
受験料 20,000円 0円 20,000円 0円 20,000円 10,000円
入学金 80,000円 0円 80,000円 0円 70,000円 0円
授業料 420,000円 420,000円 420,000円 210,000円 460,000円 150,000円
設備費 100,000円 100,000円 100,000円 50,000円 100,000円
維持費 30,000円 30,000円 30,000円 15,000円 30,000円
教材費 20,000円 20,000円 20,000円 10,000円 20,000円
傷害保険 10,000円 10,000円 10,000円 5,000円 10,000円 -
部外活動費 10,000円 10,000円 10,000円 5,000円 10,000円 -
小 計 690,000円 590,000円 690,000円 295,000円 720,000円 160,000円
合 計 1,280,000円 985,000円
  • 学費は入学時に1年分前納。円建てで送金、納入すること。
  • 在外公館においてビザの発給が認められなかった場合は、出願選考料を除く全納入金を返還します。ただし、入学許可書の返却が必要です。
  • 入国査証を取得したが、来日以前に入学を辞退した場合、出願選考料と入学金を除く全納入金を返還します。ただし、入学許可書の返却が必要です。
  • 来日し、入学後に中途退学した場合は、原則として納入された学費は返還できません。

振込先

北日本銀行 本町支店 普通口座 1596718
(SWIFT番号:KNPBJPJT)
口座名義人 学校法人龍澤学館 理事長 龍澤 正美

生活費

  • 学費以外に生活費として、1ヶ月30,000円〜50,000円程度が必要です。
  • アルバイトの収入で生活費をすべて賄おうとすると、学業との両立が困難になります。
    予め十分な資金準備をしておいてください。(但し、短期滞在ビザで来日する短期コース生はアルバイトできませんので注意してください)

その他

アルバイト
盛岡情報ビジネス専門学校の留学生は「留学ビザ」を受けられますので、学業に支障のない範囲で週に28時間以内のアルバイトをすることが可能です。(ただし、短期コースの方のアルバイトは出来ません)
住居
学生寮を準備しています。寮費は一ヶ月20,000円~30,000円です。(光熱費7,000円を含みます)
食事はつきませんから自分で作ります
健康管理
万が一の病気やケガに備え安心して留学生活が送れるよう、国民健康保険に加入します。
加入すると、病院で医者の診療を受けた際に、70%の医療費控除が受けられます。(本人負担30%)(この保険料は、学生が来日後別途支払うことになります)
Page TOP